※各コースの概要へは上部「コースのご案内」からお戻りください

井川耕一郎(映画監督・脚本家)

1962年生まれ。93年からVシネマの脚本を書きはじめる。主な脚本作品に、鎮西尚一監督『女課長の生下着 あなたを絞りたい』(94)、常本琢招監督『黒い下着の女教師』(96)、大工原正樹監督『のぞき屋稼業 恥辱の盗撮』(9 ...

近藤強(俳優/青年団所属)

94年に渡米。アイオワ大学で演劇、ネイバーフッドプレイハウスでマイズナーテクニックを学ぶ。卒業後はニューヨークを拠点に活動。07年に帰国し、劇団青年団に入団。青年団の他、水素74%、うさぎ庵にも出演している。 また、『ほ ...

兵藤公美(俳優/青年団所属)

横浜市出身。桐朋学園大学芸術科演劇専攻、専攻科卒。洗足学園音楽大学講師。96年、平田オリザ主宰劇団青年団入団、現在在籍。青年団に出演の他、多数の 劇団に客演参加し、近年は映像作品の他、自身でも公演の企画制作をてがけ意欲的 ...

山内健司(俳優/青年団所属)

84年、ICU在学中に劇団青年団に参加、演劇をはじめる。平田オリザ「現代口語演劇」作品のほとんどに出演、代表作『東京ノート』はこれまでに15カ国 24都市で上演された。演劇を劇場の中だけのものとしないように、多彩な俳優活 ...

古澤健(映画監督)

高校生の頃より8ミリ映画を撮り始める。『home sweet movie』が97年度PFFにて入選(脚本賞)。98年、『怯える』が クレルモンフェラン短編映画祭に招待される。『超極道』で脚本家としてプロデビュー。脚本作品 ...

深田晃司(映画監督)

2002年より長短編3本の自主映画制作後、06年、『ざくろ屋敷』を発表、パリKINOTAYO映画祭にて新人賞受賞。09年、長編『東京人間喜劇』を発表。同作はローマ国際映画祭、パリシネマ国際映画祭に選出、シネドライヴ201 ...

back to top