映画美学校映画祭2018 12月23日(日)、24日(月・祝)開催決定!

映画美学校映画祭2018の開催にあたって

映画美学校は、インディペンデントな映画制作をサポートする実験工房として、1997年にスタートいたしました。そのサポート体制の一環として、2002年より毎年「映画美学校映画祭」を開催いたしております。この映画祭では、初等科、高等科を問わず、映画美学校各コース修了生が監督、演出した作品は全て上映いたします。事前の審査は行いません。応募の条件は「公開に値する」と作り手本人が判断した作品であることです。フィクション・コース、ドキュメンタリー・コースだけでなく2011年より開設されたアクターズ・コース、脚本コースも参加し、現在は映画だけではなく上演も行うなど、より多様化しております。
本年は22作品の作品が集まりました。その全てが力作であることは補償いたします。基本的に上映時には監督、スタッフ、キャストが立ち会います。

富田克也(『サウダーヂ』)深田晃司(『淵に立つ』)をはじめとし、現在活躍する映画作家たちがこの映画祭から羽ばたいていきました。
「映画は鑑賞されて初めて映画となる」
映画作家の登竜門である映画美学校映画祭にひとりでも多くの皆さまのご来場とご感想をお待ちしております。

特定非営利活動法人映画美学校

 タイムテーブルはこちら

【料金】
一日有効券(入替なし)
前売:500円(映画美学校事務局にて12/4(火)昼12:00より販売開始)
当日:600円
※ 2018年度映画美学校受講生は入場無料。入場時に映画美学校受講証を提示のこと。

【会場、お問い合わせ】
映画美学校
〒150−0044 東京都渋谷区円山町1−5 KINOHAUS B1F
(渋谷・文化村前交差点左折/ユーロスペース下)
TEL:03−5459−1850(受付時間:月-土/12:00〜20:00)
http://eigabigakkou.com