木曜夜クラス(宮下隼一クラス)カリキュラムについて

木曜日19:00ー21:30

 
日程
講義
課題・その他
15/6上演実習と高等科今期について
ジャンルに学ぶとは?作品の構造と描写
上演実習①
25/13ジャンルに学ぶ①「アクション」 (以下、既存作品、宮下作品を例に)
上演実習②
35/20ジャンルに学ぶ②「ミステリー」「サスペンス」「ホラー」上演実習③
5/22共通講義1
45/27ジャンルに学ぶ③「ラブストーリー」(右記上演実習との時間調整あり)上演実習④
5/29共通講義2
56/3ジャンルに学ぶ④「SF」「ファンタジー」(右記上演実習との時間調整あり)上演実習⑤
6/5共通講義3
66/10ジャンルに学ぶ⑤「時代劇」(右記上演実習との時間調整あり)上演実習⑥
76/17ジャンルに学ぶ⑥「コメディ」(右記上演実習との時間調整あり)上演実習⑦
86/2460分シナリオに向けて
6/26
共通講義4
97/160分シナリオのネタ・アイデア 
7/3共通講義5
107/8ネタ・アイデアの講評
7/10共通講義6
117/1560分シナリオのストーリー
127/2260分シナリオ プロット①
7/24共通講義7
137/2960分シナリオ プロット②
148/560分シナリオ シナリオ初稿の講評①
158/1260分シナリオ シナリオ初稿の講評②
168/1960分シナリオ 第二稿の講評①
178/2660分シナリオ 第二稿の講評②
8/28共通講義8
189/260分シナリオ シナリオ第三稿の講評①
9/4共通講義9
199/960分シナリオ シナリオ第三稿の講評②
9/1460分課題宮下クラス締め切り
209/1660分シナリオ 宮下段階での講評 総まとめ
10/2共通講義10/初等科15分課題講評会
10/16高等科60分課題選考・講評会

※上演実習のプロット・シナリオ提出締め切りなどの進行については、開講日に説明いたします。
※表記のないカリキュラムについては、基本オンラインとなります。
※60分課題選考・講評会は担当講師及びゲスト講師の3名を予定しています。

上演実習

受講生の書いた脚本を俳優が実際に演じる、という実習です。
目的は、脚本家として現場的な体験をすること。
書き手が考えて、練り込んで、「これでイケる」と書いた芝居や台詞が、本当に現場で使えるのか。
机上の思い込みになっていないか。それを実際にやってみようというわけです。
完成稿は実際に役者に演じてもらい、出席者でディスカッションします。

上演実習①:班分け(対面&オンライン)
上演実習②:プロット(オンライン)
上演実習③:シナリオ(オンライン)
上演実習④:キャストを呼んで本読み&リハーサル(前半組)(対面&オンライン)
上演実習⑤:キャストを呼んで本読み&リハーサル(後半組)(対面&オンライン)
上演実習⑥:本番:上演とディスカッション(前半組)(対面&オンライン)
上演実習⑦:本番:上演とディスカッション(後半組)(対面&オンライン)

※この実習は自由参加です。申し込み時に実習参加の可否をお書きください。
※プロット・シナリオの執筆は講義時間外で行います。提出締め切りなどの進行については開講日に説明いたします。
※キャスト数によっては、アクターズ受講生以外からのキャスティングや、キャスト募集の協力を募る場合がございます。
※「本読み・リハーサル」は、講義日だけでなく、班ごとに講義時間外でも行う可能性があります。
※班数により上演とディスカッションが1回で終了した場合は、⑦は通常講義を行います。

高等科木曜夜(宮下隼一クラス)クラスの受講必要条件
・筆記用具を持参のこと。
・提出原稿はWordファイル使用可能なワープロソフトを使用のこと。手書き不可
・インターネット環境があること。メールとクラウドを使います。