金曜夜クラス(宇治田隆史クラス)カリキュラムについて

金曜日19:00ー21:30

講義スタイル:ハイブリット型(通学・オンライン両用)

 
日程
講義
課題・その他
14/29構成とは
「書くために書けない仕組みを知る」
上演実習①班分け
25/6作り手としての想像
「客観をつかむ」
上演実習②プロット
35/13受け手としての想像
「構成をつかむ」
上演実習③シナリオ
5/14共通講義1
45/20上演実習対応上演実習④リハーサル(※)
55/27上演実習対応上演実習⑤本番
5/28共通講義2
66/3他人を見つめる人それぞれのリアリティ
76/10何を見てもらうのか①「わかる」という感覚を持ってもらう
~客観という認知形式~
86/17何を見てもらうのか②誰もがストーリーに囚わている
~物語に触れる道のりを求める~
6/18共通講義3
96/2460分課題プロット作成にむけて 
107/160分課題プロット対応
7/2
共通講義4
117/860分課題プロット対応
7/9共通講義5
127/1560分課題プロット対応
7/16共通講義6
137/2260分課題シナリオ作成にむけて
147/2960分課題シナリオ対応
158/560分課題シナリオ対応
168/1260分課題シナリオ対応
178/1960分課題シナリオ対応
188/2660分課題シナリオ対応
8/27共通講義7
199/260分課題シナリオ対応
9/3共通講義8
9/6高等科60分課題締め切り(金曜夜クラス)
209/9「見せる」表現、「見入る」表現伝えたいことと伝わること
9/10共通講義9
10/8共通講義10・初等科15分課題講評会
10/9高等科60分課題講評会

※上演実習リハーサルは、班ごとに入れ替えで行います。また、班数によっては5/21(土)も行う可能性があります。詳細については開講日にお伝えします。
※「高等科60分課題講評会」は、両クラス担当講師及びゲスト講師の3名による優秀シナリオの選考・講評会となります。

金曜夜(宇治田)クラスの受講必要条件    
・提出原稿はWordファイル使用可能なPCを使用のこと。手書き、スマートフォンでの執筆不可。
・インターネット環境があること。メールを使います。