日曜クラス(高橋泉クラス)カリキュラムについて

日曜日16:00ー18:30

 
日程
講義
課題・その他
14/23泣けるラブストーリーを書いてみる1 アイデア出し。『映像化演習』ラフ案、作成。
『ラブストーリー』ラフ案、作成。
24/30泣けるラブストーリーを書いてみる2 ラフ案講評。『映像化演習』プロット、作成。
『ラブストーリー』プロット、作成。
5/13※共通講義1
35/14泣けるラブストーリーを書いてみる3 プロット講評。『映像化演習』初稿、執筆。
5/20 ※共通講義2
45/2160分課題、アイデア出し1。『ラブストーリー』初稿、執筆。
5/27※共通講義3
55/28泣けるラブストーリーを書いてみる5 初稿、講評。(「映像化演習」シナリオ決定)
6/3※共通講義4
66/460分課題、アイデア出し2。60分課題ラフ案、作成。
6/10※共通講義5
76/1160分課題ラフ案、講評1。60分課題ラフ案、改稿。
6/17※共通講義6
86/1860分課題ラフ案、講評2。60分課題プロット、作成。
6/24脚本高等科「映像化演習」リハーサル(10時から16時)
96/2560分課題プロット、講評1。
人物と潜る。
60分課題プロット、改稿。
7/1脚本高等科・「映像化演習」撮影(終日)
107/260分課題プロット、講評2。
標識を立てる。
60分課題プロット、改稿。
117/960分課題プロット、講評3。
核の確認。
60分課題小箱、作成。
127/1660分課題小箱、講評。
贅肉と筋肉のバランス。
60分課題脚本、初稿執筆。
小説原作ラフ作成。
137/23原作を映像化するコツ1
小説編
60分課題脚本、執筆。
漫画原作ラフ作成。
147/30原作を映像化するコツ2
漫画編
60分課題脚本、執筆。
158/1360分課題脚本初稿〆切、講評。60分課題脚本、改稿。
168/2060分課題脚本、講評。60分課題脚本、改稿。
8/26※共通講義7
178/2760分課題脚本、講評。60分課題脚本、改稿。
9/2※共通講義8
189/360分課題脚本、講評。60分課題脚本、改稿。
199/1060分課題脚本、クリーニング。
そのラブレターは渡せるか?
60分課題脚本、チェック。
9/1160分シナリオ締め切り:講義なし・メールでの提出
9/16※共通講義9
209/17長編アイデア出し。
今、誰かに見せたい映画。
10/1高等科60分課題選考結果発表
10/8※共通講義10
初等科選考結果発表

<映像化演習>

映画美学校脚本コースの特徴的な実習として「映像化」というものがあります。
紙の上だけではなく、実際にシナリオが映像化されるとはどういうことかを経験するプログラムです。

初等科では、皆さん自身が撮影を行い、短編映画を自分たちで作り上げることで、実践的に映像化を体験しました。
その時、皆さんは「演出ってどうやってやるの?」ということに直面したかと思います。

高等科では、この「演出」を知るためのカリキュラムを設けました。

皆さんが書いたシナリオの中からクラスで1本ずづ選考されたものを、プロの映画監督が演出します。
場所はミニスタジオ。1日リハーサル・1日撮影と段階を踏むことで、シナリオが演出を通して立体化されていく過程に触れるカリキュラムです。