月2回の土曜日に行われる共通講義は、初等科、高等科共通の講義となります

全10回 担当講師:高橋洋

▎「企画を発想する」(高橋洋)

プロの脚本家はネタに対してどのように反応し、企画の形にしてゆくのか。これは企画になる、という手応えをどのようにして呼び込んでいるのか。受講生からとっかかりとなるネタを出して貰って、それを題材にブレストし、企画開発のシミューレションを実演してみます。ブレストは無責任かつくだらないアイデア大歓迎。これは頭をいかに柔軟にするかの実践的な訓練でもあります。近年の映画の予告編を題材に、それが面白い企画になり得ているかどうかのディスカションもしてみます。ここで培った発想力を、クラス講義でのシナリオ開発に役立ててください。
また、業界で活躍中のゲスト講師を招き、手がけた作品の企画開発をめぐって質疑応答なども行います。

TAKAHASHI Hiroshi

 

▎ゲスト講師

井土紀州 IZUCHI  Kishuu
1968年生まれ。主な脚本作品に瀬々敬久監督『雷魚』(97)『HYSTERIC』(00)『RUSH!』(01)『MOON CHILD』(03)『刺青 堕ちた女郎蜘蛛』(07)『64』(16 脚本協力)、鎌田義孝監督『YUMENO』(05)、木村祐一監督『ニセ札』(09)、矢崎仁司監督『不倫純愛』(10)、山戸結希監督『溺れるナイフ』(16)などがある。監督作品に『百年の絶唱』(98)、『LEFT ALONE』(05)、『ラザロ LAZARUS』(07)、『行旅死亡人』(09)、『土竜の祭』(10/フィクション・コース第11期高等科コラボレーション)、『彼女について知ることのすべて』(12)、『マリア狂騒曲』(13)、『漂着物』(17)など。

他一名を予定。