フィクション・コース第23期高等科 2020/10/27(火)開講!

担当講師:西山洋市(映画監督)、高橋洋(映画監督・脚本家) 
技術講師:山田達也(撮影)、臼井勝(録音) 

「コラボレーション実習」(11月~4月)

リモートの可能性を追求しつつ対面での演技演出と撮影も行なう、マルチなアプローチによる新しい映画とその創作方法を目指します。各自が課題を撮り、その成果を踏まえて、西山洋市班、高橋洋班に分かれ、講師と受講生(選抜)が監督するオムニバス映画を制作します。学外・一般客に向けた企画開発・映画づくりを経験し、完成した作品はオンライン上で一般公開します。この体験が修了制作に生かされます。

修了制作企画開発(5月~8月)

コラボレーション実習での体験を踏まえ、修了制作に向けて30分尺のシナリオを開発します。
また、執筆というパソコンに向かう作業だけでなく、時には本読みやリハーサルなど実際に演出することを繰り返しながら落とし込んでいくことで、より豊かなシナリオライティングを経験します。

修了制作実習

企画開発を経て、20209月に修了制作を選考します。学校から出される制作費で制作を行います(修了制作の本数・予算は受講生の人数(つまり予算)によって変動します)。20219月から制作を開始し、2022年春ごろに完成を予定しています。

【その他】

シナリオ座学・演出座学・演出実習
コラボレーション実習に先立って、シナリオライティング、演出の幅を広げるための座学を行います。
また、感染対策の講習を行った上で、演出実習を行います。対面で実際に芝居を見ながら演出のワークショップを行います。

詳細は「高等科概要」をごらんください!

高等科概要はこちらから