【3/1(金)17:00の回追加予約受け付けます】
席の調整により、3/1(金)17:00の回を増席いたしました。それに伴い、ご予約受付を再開いたします。
若干数の受付になりますのでぜひお早めにお申し込みくださいませ!
※定員に達したため受付を終了しました。

【全ての回で若干数当日券を発券します】
定員に達したため予約受付は終了しましたが、全ての回で若干数当日券を発券いたします。

◎開演30分前より受付開始いたします。
◎先着順にご案内となります。
◎予約のお客様からのご案内となるため、ご入場は開演間近になります。また見えずらいお席へのご案内になる可能性がございます。
◎予定枚数が終了し次第、キャンセル待ちでのご案内となります。あらかじめご了承ください。

新しい靴を履いた12人の俳優と、出会う。

映画美学校アクターズ・コース俳優養成講座2023年度受講生12人によるオムニバス形式の上演。鑑賞者と俳優、その演技表現との出会いを目的とし、決められた2パターンのテキスト(モノローグとダイアローグ)を発表します。また、上演プログラム終了後には講師と修了生によるトークイベントを実施。
本企画の監修には演出家の三浦雨林氏を招き、それぞれの俳優の取り組みをサポート。映画美学校で身につけた新たな”靴”を履く俳優たちの成果と始まりをご覧ください。

作品を創っている時「これは何の/誰の役に立ちます」と言えないと存在意義がないような卑下た気持ちになることがある。けれど、芸術はきっと即効性がない。長い時間をかけて、人生をかけてジワジワときいてくる薬だと信じてる。それは、無欲に全力で取り組んだもの全てにも言えると思う。
今回の修了展では、何か/誰かの役に立つことを目的とせず、受講生それぞれが自分のために行った研究結果の発表を行います。俳優人生の途中で、即効性のなさそうな研究に全力で取り組む場所です。みなさまにもお立ち合いいただけると嬉しいです。

三浦雨林

アクターズ・コース2023年度修了上演展
『靴履く俳優』

240120_f240120_b

 

 

プロデュース:島村和秀
監修・ステージング:三浦雨林

出演:
<Aチーム>片山きょうこ、小松遼太、関彩葉、津野玲、古橋晴、ゆえ

<Bチーム>岡野桃子、滋井作、中野志保実、はましゃか、早狩駿、バンビーナ炬燵
(アクターズ・コース 映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2023)

舞台監督・照明:studio hiari
演出部:桂木友椰、高澤聡美、片山きょうこ、滋井作、関彩葉
宣伝デザイン:鈴木哲生 広報:はましゃか、早狩駿、ゆえ
衣裳:岡野桃子、バンビーナ炬燵、古橋晴
小道具:小松遼太、中野志保実 制作部:津野玲

◉タイムテーブル

2024年2月29日(木)ー 3月3日(日)
トークゲスト
2/29(木)17:00A=モノローグ + B=ダイアローグ + アフタートーク近藤強(俳優)+ 深田晃司(映画監督)
3/1(金)17:00B=モノローグ + A=ダイアローグ + アフタートーク宮崎大祐(映画監督)
3/2(土)13:00A=モノローグ + B=ダイアローグ + アフタートーク本橋龍(劇作家・演出家)
3/3(日)13:00B=モノローグ + A=ダイアローグ + アフタートーク兵藤公美(俳優)※以上、アクターズ・コース講師

※開場は開演の20分前です。
※モノローグ後15分の休憩あり。
※アフタートークの出入りは自由(お立ち見でのご案内になる場合がございます)。
※上演時間はモノローグ90分、ダイアローグ30分、アフタートーク45分を予定。
※記録撮影用カメラが入る回がございます。あらかじめご了承ください。
※各プログラムで使用するテキストは映画美学校HP、SNSにて随時発表。

◉チケット 〔入場無料・予約制・整理番号付き〕
チケットのお申し込みはこちら
※3/1(金)17:00の回のみ追加予約受付中!

◉会場
space EDGE
東京都渋谷区渋谷3-26-17 野村ビル1F
①JR渋谷駅新南口を出て右折、恵比寿方面へ徒歩2分
②渋谷駅から明治通りを恵比寿方面に7分程、並木橋交差点の「羊門」横の小道を右折し、山手線線路の突き当たりを右に曲がってすぐ

◉お問い合わせ
映画美学校
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS B1F
電話番号:03-5459-1850 FAX番号:03-3464-5507
受付時間(月ー土) 12:00-20:00

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術等総合支援事業(次代の文化を創造する新進芸術家育成事業))
   独立行政法人日本芸術文化振興会
主催・制作:特定非営利活動法人映画美学校