1980年生まれ。映画監督、脚本家。高校在学時から自主映画制作を始める。早稲田大学第一文学部卒業。映画美学校修了制作作品である『人コロシの穴』(02)が2003年カンヌ国際映画祭・シネフォンダシオン部門に正式出品される。助監督として幾つかの現場を経た後、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域を2007年修了。主な劇場公開作品『東南角部屋二階の女』(08)、『先輩と彼女』(15)、『東京の日』(15)など。最新短編映画作品は、HKT48×48人の監督たち『48』内『遠ざかって、消えていく』(松岡はな主演)。他に監督として、NHKBSプレミアムドラマ『プリンセスメゾン』(16)、テレビ東京×Netflix『Re:Mind』(けやき坂46主演)スピンオフ特別版など。脚本家として、黒沢清監督と共同脚本をつとめた映画『クリーピー~偽りの隣人』(16)がある。2018年秋以降、2本の新作映画公開待機中。

フィクション・コース概要はこちら