zon_masterアクターズ・コース第2期高等科作品である、アクターズ・コース講師の古澤健さんが脚本・プロデュース、鈴木卓爾さんが監督の映画『ゾンからのメッセージ』が8月11日(土)より、ポレポレ東中野にて上映されます。

監督:鈴木卓爾
脚本・プロデューサー:古澤健
音楽:澁谷浩次(yumbo)
出演:高橋隆大、長尾理世、石丸将吾、唐鎌将仁、飯野舞耶、律子(以上アクターズ・コース第2期高等科生)、古川博巳(アクターズ・コース第1期高等科修了生)、山内健司(アクターズ・コース講師/青年団)
撮影:中瀬慧 音響:川口陽一 照明:玉川直人 編集:浜田みちる、鈴木卓爾 撮影助手:大橋俊哉 制作担当:五十嵐皓子、大城亜寿馬 助監督:石川貴雄 監督助手:磯谷渚、本田雅英 現場ドキュメント撮影:深田晃司、星野洋行 ロケーションマネージメント:強瀬誠 製作:映画美学校 不写之射プロ/配給・宣伝:不写之射プロ/宣伝協力:SPOTTED PRODUCTIONS
カラー|ステレオ|ゾンスコープ|約117分

【ストーリー】

あの日から20年 、夢問町はゾンに囲まれています。

20年前から謎の現象「ゾン」に囲まれた夢問町。町の人々が集まる「BAR 湯」を舞台に、店のママ常本道子、店員の狩野晶、セミナー主催者の二宮賢治、「ゾン以後世代」の若者たち・羽佐間一歩と安藤麗実ら、住人たちの人間模様が繰り広げられている。ある日、町のはずれに住む永礼貫太郎のもとへ、ゾンから謎のVHSテープが飛来し、住人たちに変化が起き始める……。それは果たしてゾンからのメッセージなのか?

【古澤健(脚本/プロデューサー)コメント】

宇宙の映画を作りたいといつも思っています。というか、あらゆる映画は宇宙を舞台にしています。
ただ登場する人間たちが、そこを宇宙の中心だと思っているか、それともそこが宇宙の辺境であると認識しているか、その違いがあるだけです。 『ゾンからのメッセージ』の舞台となるのは、宇宙の中心でもあり、宇宙の辺境でもあるような、不思議な町です。宇宙そのもの、かもしれません。だから、町の大きさは自転車で往復できるくらい狭くもなるし、地平線が見えなくなるまで大きくもなります。

そういえば、なにかの本でこんなことが書いてありました。現生人類が生き延びたのは、水平線の向こうになにも見えなくてもその彼方に陸があるかもしれないと想像する力と、その無根拠さをあてにして舟を出す無謀さがあったからだ、と。僕は、その話のロマンチックさに魅了されると同時に、現生人類の傍若無人な暴力性に辟易ともしてしまいます。『ゾンからのメッセージ』はそんな矛盾する思いをこめた物語でもあります。

そして僕は「映画の宇宙」についても知りたいと思っています。だからこそ僕は商業映画と自主映画を往復しているのだと思います。監督であること、脚本家であること、そしてときには撮影や合成もやってみること。配給や宣伝もまた「映画の宇宙」の一部であり、僕はそこにも触れてみたい。気づくと僕は「不写之射プロ」なるプロダクションまで作ってしまっていた……(僕はいつかカメラを使わない映画を夢見ているのです)。

そんな整理し難い思いの詰まった『ゾンからのメッセージ』が、僕らの住むここから遠く離れた宇宙の反対側のご近所にいるかもしれないあなたの心へ届くことを、僕は根拠なく祈っています。

【鈴木卓爾(監督)コメント】

『ゾンからのメッセージ』は、謎の現象「ゾン」に囲まれた町に暮らす人々についての映画です。脚本と登場人物は、古澤健監督の呼びかけに応じた、映画美学校アクターズ・コース第2期の6名が、ワークショップの時間の中から見つけたものを基につくりあげられました。映画の中の彼等が暮らす場所「Bar.湯」も彼等の手によって、埼玉県深谷市の、とある小屋をリフォームして撮影されました。編集作業と並行して、この作品に関わったキャスト&スタッフらの手によって、町の空を覆い尽くす現象「ゾン」が組み上げられました。それは、膨大な量で、壮大な作業でした。そうやってこの映画は出演者自身の痕跡が、演技だけではないところにまで反映されているであろう、奇妙な天蓋を持つシェルターのような映画になりました。

撮影の行われた2014年からだいぶ経った2018年、多くのお客さんに観ていただく事になりました。「ど うしてこんなシェルターみたいな映画を作ったのだろう?」と私の記憶も曖昧になって来つつあります。私達はいろいろなことを忘れて生きています。忘れていても事態は全く変わっていないという事もあります。シェルターに裂け目が出来て、中から出てくる者にそのことを思い出させられる為でしょうか。あなたには、外側の世界はありますか?彼女彼らの町、彼彼女らの暮らし、町の人々が想いを馳せる、ゾンの外側の世界。『ゾンからのメッセージ』をどうぞご覧下さい。

公式ホームページ:https://call-of-zon.wixsite.com/home
公式ツイッター:https://twitter.com/callofzon
公式Facebook:https://www.facebook.com/callofzon/

お問い合わせ
映画美学校
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS B1F
電話番号:03-5459-1850 FAX番号:03-3464-5507
受付時間(月ー土) 12:00-20:00
ウェブサイトからのお問い合わせはこちら