yano1983年生まれ。東京都出身。文芸と音楽を中心に批評活動をおこなう。2014年、「自分ならざる者を精一杯に生きる――町田康論」で、第57回群像新人文学賞評論部門優秀作を受賞。著書に、『コミックソングがJ-POPを作った』(P-VINE)、『ジャニーズと日本』(講談社現代新書)などがある。

言語表現コース「ことばの学校」概要はこちら