東京生まれ。青山学院大学在学中に、渡邉護監督の助監督を務めたのをきっかけに撮影の世界へ。その後撮影部をめざし、伊藤英男、押切隆世、中堀正夫に師事。1982年よりCFカメラマンとして独立。川崎徹をはじめ多くの演出家と出会う。94年の平山秀幸監督『よい子と遊ぼう』をきっかけに、本格的に映画に取り組む。

以後、西山洋一監督『ぬるぬる燗燗』(96)、万田邦敏監督『UNLOVED』(02)、筒井武文監督『オーバードライヴ』(04)、沖田修一監督『南極料理人』(09)、佐藤央監督(第6期修了生)『シャーリーの好色人生』(09)、宮崎大祐監督(第10期修了生)『夜が終わる場所 』(11)、吉田良子監督(第3期修了生)『受難』(13)、黒沢清監督『トウキョウソナタ』(08)『贖罪』(12)『リアル~完全なる首長竜の日~』(13)など多くの作品の撮影を担当。

映画美学校では、コラボレーション作品として、万田邦敏監督『う・み・め』(04)、西山洋市監督『INAZUMA 稲妻』(05)『kasanegafuti』(11)、筒井武文監督『孤独な惑星』(10)で撮影を務めている。

 

フィクション・コース概要はこちら