1973年生まれ、福岡県出身。学生時代より自主映画を制作し『暴力人間』(97/共同監督:笠井暁大)でひろしま映像展98企画脚本賞・撮影賞、『風は吹くだろう』(98/共同監督:近藤太)でぴあフィルムフェスティバル1999準グランプリを受賞。『ウォーターボーイズ』(01/矢口史靖監督)のメイキング監督をつとめたのち、ホラー系オリジナルビデオ作品を中心に監督として活躍、2005年『ノロイ』で本格的に劇場作品デビュー。以降、ホラーを中心に多くの作品を送り出し、特にフェイク・ドキュメンタリーで注目を集める。劇場公開作に『口裂け女』(07)『オカルト』(08)『タカダワタル的ゼロ』(09)『シロメ』(10)『超・悪人』(11)『カルト』(13)『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最凶の劇場版』(14)『殺人ワークショップ』(14)韓国との合作『ある優しき殺人者の記録』(14)など。

フィクション・コース概要はこちら