高校時代から8ミリ映画を作り始め、長編映画『にじ』がPFF88にて審査員特別賞を受賞。矢口史靖監督『裸足のピクニッ ク』に脚本と助監督として参加後、商業映画の道へ。

その後、NHKドラマ『さわやか3組』『中学生日記』 等の脚本、『トキワ荘の青春(市川準監督)』、『CUT(アミール・ナデリ監督)』等の映画に俳優として参加。監督作品として『私は猫ストーカー』(第31回ヨコハマ映画祭新人監督賞、第19回日プロ大賞作品賞、新人監督賞)『ゲゲゲの女房』(第25回高崎映画祭最優秀監督賞)『ポッポー町の人々』『楽隊のうさぎ』がある。

 

アクターズ・コース概要はこちら